義歯(入れ歯)

痛い、噛めない、外れやすい、目立ちたくない、どんなお悩みもお気軽に度ご相談ください

義歯(入れ歯)

歯が失われた状態でいると、上下の噛み合わせのバランスがくずれ、残っている歯が伸びたり倒れたりし、食生活だけでなく見た目にも影響を及ぼします。
また、正しく噛める事は健康に大きく関わることです。
失った歯を補うためには義歯(入れ歯)が必要になりますが、「ずれる」「噛めない」「金属が見えるのが嫌」といったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
しかし、本当にお口にあった良い入れ歯は、何でも食べられ、口元も美しくしてくれます。
当院では義歯を快適にお使い頂くため、患者様の悩みやご希望をしっかりと聞いた上で適切な義歯を作り、定期的に調整してまいります。
金属の義歯のほか、見た目も良いシリコン製の義歯も扱っていますので是非ご相談ください。

義歯(入れ歯)の種類

お口の状態によって部分入れ歯や総入れ歯など、方法が異なります。
また、保険の義歯と自由診療の入れ歯でも治療計画や方法が変わってきます。

部分入れ歯

一部の歯が悪く、残りの歯は健康な場合は部分入れ歯を使用します。

総義歯(総入れ歯)

健康な歯が1本もない場合は、総入れ歯を使用します。


保険診療の義歯(入れ歯)について
部分入れ歯
失った歯の周囲の歯に金属の留め金を付けて、取り外し可能な人工の歯を取り付ける方法です。
ブリッジのように健康な歯を削らずに済み、費用も安く、比較的短時間で施術できます。
ただ、入れ歯と分かりやすいことや、引っ掛けている歯の負担が大きいというデメリットがあります。
総入れ歯
取り外し可能な人工の歯をアゴの上に乗せる従来の総入れ歯です。保険診療で対応でき、レジン(プラスチック)製となります。
治療費が安く、修理もしやすいというメリットがありますが、違和感があったり、堅い物を食べると外れたりすることがあります。また、噛む力が本来の30%ほどとなるため、顎の骨が痩せやすくなります。
自由診療の義歯(入れ歯)について
ナチュラルデンチャー
審美性に優れ、入れ歯だとほとんど分かりません。
また、薄く、軽く、装着感も保険タイプと比較すると格段に良いです。

・歯茎へのフィット感が良く、痛みが出にくい(食べ物が中に入りにくい)
・圧力が加わっても弾力性(復元力)があり、割れにくい
コンフォート(シリコン義歯)
従来の入れ歯の「噛めない・痛い・外れる」といった問題を軽減できる新しいタイプの入れ歯です。 歯茎との接着面をシリコンで覆い、食べ物を噛んだ際にかかる歯茎への負担を和らげ、吸着力が高めています。通常の義歯より費用はかかりますが、多くの症例で使用ができ、現在使用中の入れ歯を改修することが可能です。まずはご相談ください。
今すぐネット予約

東大和市中央通り沿い若月歯科クリニック

若月歯科クリニック

〒207-0013
東京都東大和市向原3-2-16
エステートワン1F 印刷用アクセスマップ
アクセス案内はこちら

map
TEL:O42-590-5855
木・日・祝日休診
※祝日がある週は木曜診療
平 日 10:00~13:30
15:00~20:00
土曜日 10:00~13:00
14:30~17:00
お問い合わせ
歯を守ろうセットプレゼント
  • フッ素ホームケア1ヶ月分
  • 歯科医推奨 歯ブラシ1本
  • キシリトールガム or タブレット
歯科医推奨歯ブラシ1本
プレゼント
http://www.wakatsuki-shika.jp/ 若月歯科クリニック携帯サイト
子ども医療費助成制度

各市町村の子ども医療費助成制度は歯医者さんでも使えます。
ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

参考:東大和市HP

乳幼児医療費制度
医療控除が受けられます

セラミック、ハイブリッドセラミック、金歯など保険がきかない治療でも医療費 控除の対象になるものがあります。お気軽にお問い合わせ下さい。

医療費控除について